外壁サイディングの経年劣化

建物の外壁は太陽光(紫外線)、風雨、雪、気温の変化等、過酷な条件下にさらされています。
サイデイングは、その表面に耐候性のある塗装が施され、サイデイング間には防水用なシーリング材が施工され建物を保護していますが、サイデイング表面の塗装及び接合部のシーリング材は永久的なものではありません。そのため、年数を重ねると様々な経年劣化が進み、そのまま放置しておくと雨漏り・サイディングの不具合につながることもあります。

したがって、美観と性能を保つには、お住まいになられているお施主様の日常のお手入れや専門業者様による定期的な点検が必要となります。
適切なメンテナンスがなされますと、サイデイングのみならず建物自体の老朽化を遅らせ、資産価値の維持にもつながります

お施主様が出来る日常点検

日頃から建物の外壁を目視にて点検を行ってください。

外壁塗装表面の状態   褐色・藻・落ちなくなった汚れ・塗膜の亀裂・塗膜の剥離など  塗り替え5~10年

外壁シーリング部の状態  シーリング材自体の劣化によるヒビ割れ・剥離など  打ち替え等適宜対処

外壁サイデイングの状態  サイデイングの破損・地震などによって発生した亀裂など、また経年による反り・うねりなど部分

外壁の褐色(チョーキング)

1・褐色(チョーキング)

・一般的に外壁塗装面は年月の経過と共に変化が生じます。まず外壁サイデイング表面を手で軽く擦ってみてください。白い粉や、塗装の色が多めに手に付くようだあれば、塗装の劣化が進行しています。このような状態になれば施工後の年数を考慮して塗り替えを検討してください。

(ご注意)
現在の塗装や塗料の種類が、塗り替え仕様選択の要件になります。塗装用サイデイングの塗り替えの場合や、既に再塗装されている場合があります。サイデイングを塗り替える場合は必ず事前に住宅会社様にご確認ください。
<主な塗装の種類>
1・一般的なエナメル塗装 2・クリア塗装 3・機能を付与した特殊な塗料
<主な塗料の種類>
1・アクリル樹脂系 2・アクリルウレタン樹脂系 3・アクリルシリコン樹脂系 4・フッ素樹脂系 5・その他 防汚などの機能性塗料

外壁チョーキング

外壁サイディングシーリング目地の剥離

2・シーリング目地の剥離

・モルタル外壁や外壁サイディングの目地及び窓廻りのシーリング部を目視にて点検してみてください。剥離が大きい場合は薄いゲージ(名刺等)を差し込み、奥まで入るようでしたら、補修が必要です。

・外壁サイディングのシーリング目地の打ち替えや保証の際は、既存のシーリング材を切り取り、できるだけ残ったシーリング材を除去することと三面接着にならないようにする注意が必要です。

外壁サイディングコーキングひび割れ
外壁サイディングコーキング亀裂1

外壁サイディングの亀裂

3・モルタル外壁・サイディングの亀裂(クラック)

・モルタル外壁・サイデイング外壁に亀裂(クラック)が発生していないかを、目視にて点検してください。きれつが微細な場合は補修を行い、きれつが大きく、著しい欠損やはがれ落ちそうな場合はその部分を取り外し、新しい外壁サイデイングに貼り替えてください。
・地震の後などは、窓廻りや特にくぎ(ビス)まわりの点検を行ってください。

外壁サイディングひび割れ

外壁サイデイングの経年による反り・うねり

4・外壁サイデイングの経年による反り・うねり

・外壁サイデイングに反り・うねりが発生していないか、目視にて点検してください。
・JIS規格では、455㎜幅の中心部で3㎜までは規格内です。5・自然現象によって発生した藻・カビ
・外壁サイデイングに藻・カビなどの汚れがないか、目視にて点検してください。

外壁メンテナンス工事は専門業者に相談され、工事を依頼してください。
高所作業を伴う点検(はしご、脚立)やお手入れ、及び塗り替えや補修工事は、お施主様ご自身では絶対に行わないでください。

5年に一度の定期的なメンテナンスをおすすめします。

外壁サイディングうねり