漆喰塀防虫防腐剤塗装 栃木市k様邸

5月、ゴールデンウィーク明け我が社の近所にお住まいの
K様邸施工前K様邸の、木製塀の塗装工事を行わせていただきました。
今回の仕様は防虫防腐剤オイルステインでの木目を残した仕上げです。
まず始めに塗装面に付着した埃や泥汚れ、苔を綺麗に除去します。
このとき、少しでも汚れが残っているとその部分だけうまく着色されず
後々の手直しが大変になってしまうので、時間をかけて
丁寧に掃除をします。
掃除の工程が終わりましたら、エアーブロアーという風をだす機械で
除去した汚れを飛ばします。
この工程も、落とした汚れを綺麗に飛ばさないと後々大変なので、
気を遣う工程です。
下地の掃除が終わりましたらいよいよ着色をしていきます。
本来ですと、着色をした後に綺麗な布などで拭き取るのですが
K様邸施工後K様のお住まいの場合塗装面の吸い込みがはげしかったので
拭き取りは行わず、着色を2回での仕上げとなりました。
塗装工事の終了後にご主人に見ていただいたのですが
綺麗な仕上がりに大変満足されていました。